のりを作ります。(壁紙10m2本分なら粉のり60g、ぬるま湯2Lです。)ある程度とろみがついてきたら完成です。   貼る場所の高さ(長さ)に切りしろ(5~10cm)を加え、必要枚数をカットする。
左:1枚目(貼る場所の高さ+5~10cm加える)を切ります。
右:2枚目以降は、柄を合わせて+切りしろを加えます。


床や保護したい所に汚れないようにマスカー(フィルム付養生テープ)で養生をします。マスカーがない場合は、ビニール袋を分解して繋げて養生します。新聞紙でも可能です。   のりを貼りたい壁に塗ります。範囲は、壁紙1幅分をはみ出すように塗ります。
(壁の隅や貼る壁紙の端となる場所は小さいハケでしっかり塗ります。)


壁紙1枚目を貼ります。
左:縦のラインを合わせる基準として貼っていきます。切りしろ部分を出すために5~10cm上下にはみ出すように貼ります。
右:撫でバケで撫でて空気を抜きます。中央→上→下と撫でると壁紙がずれずに空気が抜けます。
  竹べらでカットラインのクセを付けます。ここでまっすぐな線を付けないとカットラインも曲がってしまうのでしっかり線を付けます。


しっかりとクセがついたら、地ベラとカッターではみ出ている部分を切っていきます。地ベラとカッターは切り始めたらなるべく壁から離さないように滑らせてカットします。   2枚目 のりを壁紙1幅分+少しはみ出す範囲に塗ります。   2枚目以降を貼る場合は隣の壁紙と柄を合わせて貼ります。
そしてある程度貼れたら同じように撫でバケで空気を抜きます。


1枚目と同様に竹べらでクセ付けて地ベラとカッターで余分な部分をカットしていきます。
以降、8-9-10を繰り返します。
壁紙の繋ぎ目はジョイントローラーで圧着すると繋ぎ目が馴染みます。
  壁の周りや壁紙についたのりはスポンジやタオルで拭き取って完成です。








DIY TOOLKIT
+ SUPER FRESCO EASY

DIY TOOLKIT

SUPER FRESCO EASY

BUCKET & NET